子どもの歯科治療について~小児歯科~

文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大

子どもの歯を守るには小さい頃からのケアが大切です

子どもの歯を守るには小さい頃からのケアが大切です

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は大人の歯に比べて歯質がやわらかく、虫歯になりやすいという特徴があります。調布駅南口から徒歩1分の歯医者「エンゼル歯科クリニック」の小児歯科では、シーラントやフッ素塗布といった予防処置を中心に、お子さん一人ひとりの成長や口腔内環境に合わせた歯科診療を行っています。当院のスタッフは皆お子さんが大好きです。お子さんや親御さんとしっかりコミュニケーションを取りながら、仲良く虫歯の予防と治療に取り組んでいます。

お子さんの歯を守るのは親御さんの役割です

お子さんの歯を守るのは親御さんの役割です

子どもの歯の形成はお母さんのお腹の中にいるときからはじまっており、乳歯は胎生7週頃から、永久歯では胎生14週頃からといわれています。妊娠中から永久歯が生えそろう12~15歳頃までは子どもの歯にとって非常に重要な時期であり、この時期の過ごし方が大人になってからの歯の健康を大きく左右するといっても過言ではありません。

永久歯の健康をつくるのは、乳歯です。乳歯が虫歯になると、生え替わった永久歯が虫歯になりやすくなったり、永久歯の歯並びが乱れてしまったりする危険性があるので注意しましょう。「乳歯はどうせ生え替わるから……」などと軽く考えず、お子さんのために正しい知識と強い意識を持って乳歯のうちからの適切なケアを心がけましょう。当院では、親御さんとの二人三脚でお子さんの歯の健康を守っています。「少し黒ずんで見える」「歯並びが気になる」など、少しでもおかしいと感じることがあればお気軽にご相談ください。

虫歯を防ぐための予防メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、「歯質を強化する効果」と「細菌が酸をつくらないように抑える効果」があります。

歯質強化のメカニズム 酸産生抑制のメカニズム
フッ素が歯質に取り込まれると、フルオロアパタイトという耐酸性の高い結晶ができます。この成分によって再石灰化が促され、ごく初期の虫歯なら自然治癒が期待できます。 フッ素には抗菌作用・抗酸素作用があり、口腔内のプラークやだ液に働きかけることで、虫歯菌の「酸をつくるための活動」を抑えることができます。

お子さんの乳歯や生え替わったばかりの永久歯にこのフッ素を塗布することで、虫歯になりにくい歯をつくります。

シーラント

シーラント

子どもの歯の奥歯は咬み合わせ面の溝が深く、食べかすが溜まりやすいので、通常のブラッシングではなかなか完璧に汚れを落とすことができません。そこで、深い溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさいで虫歯を予防するのが、シーラントという処置です。

親御さんの仕上げみがきが重要です

親御さんの仕上げみがきが重要です

お口のトラブル防止で欠かせないのが、毎日のブラッシング。でも、小さなお子さんは自分一人で上手にブラッシングすることができません。そのため、親御さんが最後にしっかり仕上げみがきをしてあげましょう。ご自宅でのケアは、まさに親御さんとお子さんの二人三脚。毎日お子さんのお口をチェックしてあげることが、虫歯予防の近道です。

仕上げみがきのポイント
その1その1:
お子さんの頭を膝の上に寝かせ、頭の上のほうからみがきましょう。
その2その2:
歯ブラシは毛先が短く、ヘッドが小さいものを選びましょう。歯ブラシを歯の表面に直角に当て、軽い力で小刻みに動かしながらみがいていきます。
その3その3:
うがいができるようになったら、グリーンピース1粒大の歯みがき剤をつけてみがきましょう。よりきれいにみがけます。フッ素入りの歯みがき剤を使うと、虫歯予防もできます。
その4その4:
上の歯からみがき始めると、歯みがき粉の味で唾液が出るのが遅くなってみがきやすくなります。

調布駅近くの歯医者「エンゼル歯科クリニック」の小児歯科では、お子さんのブラッシング指導や親御さんの仕上げみがき指導も行っています。当院の歯科医師やスタッフがポイントをやさしくお教えいたしますので、ぜひお役立てください。

院長をはじめ、スタッフは全員お子さんが好きです。歯医者さんが苦手なお子さんも安心です!

エンゼル歯科クリニックのコンセプト・院長紹介はこちらから

TEL:042-426-4344

 
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日:木曜午後・日曜 ● 9:00~14:00  ● 14:00~17:00

PAGE TOP